考え方共鳴の皆と須磨水族園に行ったことについて

11月23お日様(水)に直感連動の遠足で須磨水族園に軒並みと行きましたが、大好きなアザラシもいたし、ABCのアナウンサーの浦川アナウンサーとも握手してもらえたし、フィルムもいっぱい撮ったしとても楽しかっただ。あいにく、ボクは感冒を引いていましたが、行ってよかったなぁというくらい良かったです。なぜ、ボクがアザラシが贔屓かというと、今の彼に彼と付き合うまえにアザラシのぬいぐるみを3カテゴリー前に買ってもらってずっとライフ としているからだ。肩書きはこうちゃんといいます。3歳だ。そのあとに元主人にがっちゃんというアザラシの小さいぬいぐるみを買ってもらいました。1カテゴリー前に買ってもらったのでがっちゃんは1歳だ。だから私の住まいには2匹のアザラシの乳児のぬいぐるみがいる。いつもベットでだっこして寝ている。だから、須磨水族園でゴマファアザラシとフィルムを撮ったのはとても嬉しかったです。須磨水族園のおみやげや君にもアザラシ一品がたくさんあってうれしかったです。(でも買いはしませんでしたが・・・。)

個人は実は旅行好きなのだと実感する毎日

わたくしは小さな頃から大人しいヒューマンでした。
人見知りだし、アクションなどにも縁のないくらしだ。
けれど、そういったお客だからといって文字通りのインドア派ではないのです。
昔から、週末に在宅にずっとおるなんてそうなくて日程がなくとも外部に出掛けたいお客でした。
そんなわたくしが結婚してちびっこが生まれて、ちびっこも両人になりました。
やっと両人が幼稚園に行くともなり、休みは必要外部に出かけるのが当たり前の生活をしていました。
でも、今日は休みはいつも在宅にこもってます。
何故なら我が家の子供たち、新陳代謝で感冒引いてくれちゃうのです。
片側元気になった頃にもう片側が咳をし始めて、という状態でなかなかお外部に連れ出さないわけです。
私もまだちっちゃな子供たち置いて出掛けられないから、外部に出られません。
それが貫くと私もストレスが溜まって溜まって、わたくしってやっぱり意外にアクティブなんだなと実感しています。
在宅にずっといるのが恋もいるのだろうけど、わたくしはそれだと段々と弱って出向く気がしてます。
早く家中元気になってピクニックとれるといいな、と思いながらも今は看病に専念します。

橋のガード員様の後日談。大変よね

防護員様の後日談ですが、今日は工事がなく、ただ防護員様は、ここを工事やるよと、それだけのためにいるみたいでした。
大変よな、防護員様と思いながら通っているのですが、帰りに、防護員様が余りにも倦怠だったらしく、橋の下を「うわー高い」と見ていたら、一々やかましく言うチーフ隊長がうるさく言っていました。
防護員のおっさん、戻ったのですが、相変わらず、あの就業は本当にコネクションです。
実際、事故が起きたら、防護員様の所為にされてしまうので、最低でも声かけはしなくてはならないのですが、通行人がそんなに事故を起こすかといえば、定型自分から逃げますし、本当に防護員様、あちらは暇なのだと思います。
とにかく厳しい土建屋様もいませんし、まあ意思を楽にしてやっていればいいと思っていましたが、隊長も、道端に座りながら、注意しておるという事で、意思が楽な就業でありながら、くたびれるものでもあるよなとしていた如何でした。

気温開きの食い違い? ってすごく幸せになれる。

冬に摂るアイスって美味しい! と近年思っています。側からは抱腹絶倒視線におけるけど閉められません。でも暖かいコタツに入って食べるアイスの美味しさを皆さんに知ってください。
ちょっとお高いアイスなんて最高です。身体が冷えると思われがちですが、全然冷えません。むしろ幸せな気分になれます。
こうして考えてみると私は気温間隔の差異を楽しむ傾向があるのだと思います。
ミッドサマーは空調を思いっきりかけて広場を寒くして、厚い布団に潜って過ごしています。これは本当にオススメです。とてもリフレッシュ出来ます。唯一の泣きどころはクーラー金が驚くほど高いことだけです。まぁ適切泣きどころですね。
そんな私ですから、夏季も長袖を着ている事が多いです。
出先は暑いけど、電車や院内って寒いほど空調がかかっている時があります。暑いゆとりから涼しいゆとりに入ったときの喜びが好きです。
冬もそうです。暖房がかかってある所に入った際は最高です。
こうして楽しめれば、暑い寒いで憂鬱になることは無くなると思っています。

関東と関西の「きつね」うどんと「たぬき」近く

きつねとたぬきといっても鳥獣の話ではありません。うどんとそばの話です。関西では「きつね近く」と「たぬきうどん」が存在しないはご存知でしょうか。
 関東では油揚げがのった近く、うどんを「きつね」と済む、天かすがのった近く、うどんを「たぬき」といいます。
 次に関西では油揚げがのったうどんを「きつね」、油揚げがのった近くを「たぬき」といいます。
ではそれぞれの原点を探ってみましょう。
「きつね」ですが、「きつねうどん」は大阪の船場における1893時世(明治26時世)起業のうさみ停マツバヤが由来の職場となります。初回はすし屋で訓練を積んだ上うどん屋で自立し、近頃3代目にあたる主人の宇佐美芳弘くんによると、最初は「こんこん」と呼ばれており、かけうどんと、油揚げを別々に出したのがはじまりだそうです。それがいつの間にか一緒にうどんと油揚げを召し上がるようになり、「きつねうどん」として広まったそうです。
そして「たぬき」については、辻調理師専属塾の我が国メニュー専属レクチャー、杉浦孝王様くんによると、「たぬき近く」は江戸時代の終わりに出来上がり、関西よりも関東が先に行き渡り、関東ではイカのかき揚げをごま油で揚げた結果衣が黒っぽくなり、そばの上にのせた界隈、茶色がかったイカのかき揚げがたぬきをビジョンさせるということが「たぬき近く」の始まりになったそうです。
さらに探っていくと諸説様々で請け合い的ことはなかなか分かりませんが、きつねと
たぬきがどのように化けたのか注目は尽きません。

寒いお天道様には滅菌インパクトもある熱い緑茶が私の標準

お茶が有名な静岡県民の私の我家から少し歩くと茶畑が広がってあり、小さい頃からほぼ一年中お茶、特に緑茶を飲んでいます。 スナックとみかんが置かれたコタツで熱い緑茶を呑む冬の休みの景観があります。
エネルギーのお湯ほどカテキン連中が多く溶け出し苦味や渋フレーバーが強くなりますが、冷めたぬるめのお湯で淹れたお茶はアミノ酸のプラスがゆっくり引き出され美味しくなります。 しかし、熱いお湯で玄米茶やほうじ茶などを淹れると、エッセンシャルオイルが引き出されると共に、カテキンの爽やか苦味や渋フレーバーを楽しむことができます。
また、ツバキ科のお茶の木から採れる緑茶などは健康を冷やし、酸化発酵された茶葉は健康を温めていただける。 薄い彩りの緑茶などは発酵されておらず、濃い色の紅茶などは発酵されています。
お茶の淹れ人やバリエーションによって様々なエッセンシャルオイルやフレーバーがありますが、自分の意図に合ったお茶のフレーバーを楽しみましょう。 きっとこちらは今冬も熱い緑茶を飲んでいると思います。
ウイルスを消毒やる緑茶は感冒を予防することができます。 喉が痛むときも緑茶でうがいすることをお勧めします。 ぜひ試してみてください。

外側ボール構造にチャレンジしました。

飾りボール分析の現象に参加しました。
紙ナプキンを切って球体に糊をつけて貼って出向くという雑貨でした。
そんなに費用が要るものではなく、
誰かに、ふとした進呈をするのに良いなと思ったのと、
簡単に出来そうだったので参加することにしました。
処方を覚えてしまえば、自分でも創ることが出来るので。
球体の射撃スチロールにくっつけるので、
体積が大きいと皺になってしまいます。
用紙なので、あまり糊を貼り付けすぎると破れてしまいます。
それ以外に気を付けることは特になく、
コンテンツさえ揃えることが出来れば家でも出来るので、
また作ってみたいなと思いました。
今回はクリスマス前文から、
サンタくんの図表がかいて生じる紙ナプキンでしましたが、
好きな上でしたら、通年中間使える飾りボールが作れたりもしますし。
いろいろ、英知を考えて、
自分流の飾りボール分析を通じていきたいなと思いました。

懐かしいジャッキー映像「拳精」大好きな作でおすすめ

ボクが幼い頃に再放送か水野晴郎の金曜ロードショーで見て大落胆受けたジャッキー画像があります。
その呼び名は「拳精」という五獣の拳を通じて恩知らずの少林寺の館長らの陰謀に挑む作だ。
龍の拳とか 豹、蛇、鶴、白鳥と五つの獣に合わせたカンフー作用が面白いし二番煎じしたものです。
それを教えた真っ赤な髪とトータル白一色な幽霊が新鮮でした。
幽霊皆 しゃべることはできないけどジェスチャーで時にはジャッキーを手助けしてました。
ジャッキーが徐々に強くなるタイミングも新鮮だ。
冒頭は主役のカンフーガールにさえカンフーで負けてしまうほどでした。
カンフーガールの心中を開いて行くちゃんも自己は好きです。
また画像の主題歌でもある「チャイナガール」は何ごと聴いてもあきません。
聴けば聴くほど風味があるし、本当に遥か昔の曲なのか?と質問を感じて仕舞うほどだ。
クレイジーモンキーシリーズも良いけど とにかく初々しいジャッキーの活動や喜劇感性には脱帽です。

我が家に閉じ込もらないとならなくなったときのための方法

秋冬になると、うちはみんな支度しなくてはならないことがあります。
それは、家中が感染症にかかったときの食事や飲料の維持、そしてノロヤインフルエンザ滅菌の薬剤だ。
ビニール手袋もいるし、マスクも大量に買い置きしなくてはなりません。
もしもの場合家中が週間弱外部に出られないの要点で、準備しておくんです。
だって、前年の冬にお子さんとわたしがインフルエンザになった時折辛うじてパパだけセキュリティだったので助かりましたが、裏のホールにこもって病舎と便所以外はホールから出られませんでした。
これでパパまで発症していたら終わりでしたね。
だから、今度はちゃんと支度しておくのです。
まあかからないのが最高なんですけど、どんなに予防していても陥る時折なるものですから仕方ないだ。
いくら感染症が怖くても発症してない時折全く外部に出掛けないのは無理があるし、もしもの回答とできるだけの防御を通して備えておこうと思います。
今年はインフルエンザも既に流行りだしてるので、急いで備えを済ませなくては、と焦って要るわたしでした。

家族が秋の散策ビッグイベントに出席します。

暑い夏場も終わり、少し涼しくなったこの季節は運動をするのに最適です。
そこでこの秋、市が開催する散策フェスティバルに所帯が初参加します。
ただ初めてのトライなので、無事に歩けるのか少し不安ですが、兄妹そろっての関与なので、
安楽はしています。
姉のお客様は、去年も参加していて、ラクラク歩けたと話していました。
5kmのプランを1タイミング~2タイミングのペースであるくそうなので、無理なく自分のペースで通えるそうです。
軽装、姉は仕事上一日に10000歩以外もあるくそうで、5kmは短時間だったと聞かされました。
その上、歩みも毎日何度も上がり下りしているようで、あるくことには自信があるみたいでした。
それとは逆に次女のお客様は、軽装あまりあるく機会がないせいか、少し行動不備気味だ。
随時買い出しへ自転車で行くと、あすは筋肉痛になってしまうほどとか・・
何気ないライフスタイル因習で、こんなにも差が出てしまうのには驚きました。
私もこの機会に、ライフスタイル因習を付け足したいとしています。