大好きなこういう寒い時期がやってきて早速申し込み

美味しいものが大好きなので、年々美味しいものが多くなる冬季が来るのがとても楽しみです。冬季は寒いので苦手ですが、でも美味しいものがたくさんあるので、待ち遠しく、とてもやっと今日から大好きなみかん農園のみかんの通販が始まったので、早速購入しました。ご年寄りのご夫婦がやる田舎の農園なので、目下当たり前のインターネットでの購入系列がない結果、ファックスでの購入になっています。その購入の態度も昔ながらで、とても愛する。今は、なんでも便利で、エッジひとつで購入できてしまいますが、直筆で購入を書いてファックスをするのは、昔ながらな感じがして、逆に新鮮味を感じている。なんでも便利になっている世間で、こうやって昔ながらのままの注文で受け付けているので、お会いしたことがないみかん農園の飼い主ご夫妻ですが、なんだかいつもみかんが到着するととても心温まる本心がする。お世話になっている恩師にも年々送らせていただいているので、早速購入しました。

苔玉&耳より盆栽を作る事例に参加しました。

市が行っている苔玉とスモール盆栽を仕立てる事柄に参加してきました。
ずっと苔玉は作りたいとしていたのですが、
人気があるので、募集していても、アッという間に定員に達してしまい、
なかなか出場出来ずにいました。
今回は、あまり知られていないのか、
自身が集客がかかっていると知った時点では定員に達していなくて、
応募することが出来ました。
しかも市が行っているらなので、
他でしておるらよりも安くうけることが出来たと思います。
苔玉は創るのが難しかったですが、
盆栽は自分でも作れそうだし、費用も500円と掛からないというので、
また誰かに援助としても引き渡すことが出来そうですなと思いました。
加工時間も、30当たりほどで出来そうですし。
苔玉は、また何処かで、再度、処方を学びたいと思います。
また、今後も、そういった事柄をなるに関してらしいので、
参加したいと思います。
講座終了後に、多彩苔が残っていて、
もう使われずに、処分するとのことでしたので、
多彩苔を頂いて帰りました。
軽装、御輔佐になっている手法にお礼として、
喜んで頂けるかどうかは分からないですが、
テラリウムや盆栽を作って渡そうと思います。

対応○×○のコンサルタントヘルパーの事態

同時にプラス系の事も学んでおきたいとしてある。
教科書お手伝いの処置○○×に関しては、はたらく気はないですけれど、重度の先天的障がいになってしまったお客に、何かと考えてはいるので、あしたにかけて工夫はしておかないといけません。
何でも、最後の演習に関して、ダイレクトご持病の随所はお会い取り止めるのだそうです。
いきなりぞろぞろ行ってしまうと、びっくりしてしまうのだそうです。
だから、写真です事がほとんどだと聞きました。
プラス有志の一歩ですなと思いました。
記録症だけ学んでも起きたかったのですが、ライセンス商法となると、やっぱり介護人員初任奴講話を取っておかないといけないのでしょうね。
就労は本当にどうにでもなると思っていますが、せめてまともなお客になりたいとして、人の役に立つ事を狙うという思いがずっと抜けていません。
実態は汚い世間の染みも沢山ありますが、そういった人たちにでも、要求を達するのが自分にとってやりたい事です。

多彩助けして下さったベーカリーくん。

動きの最中にベーカリー様を見つけたので止まりました。
ターミナルから離れた坂の上にいらっしゃるベーカリー様でした。
御店の中頃も一軒家をベーカリーにしたのかなと想うくらい、
通りが2パーソンくらい通れたら良いくらいの大小で、ひたむき、狭く、
店内に1列でパンが置いてあるので、誰かが立ち止まると、
もうパンが買えない、見れないと行ったペースでした。
あそこまで狭いベーカリーに行ったことはないように思います。
私の前に来ていらっしゃった2人組の御知人ちゃんが、戸惑いに迷い、
パンの手前で立ち止まっていらっしゃったので、
パンを探るのに30分、40分ほど掛かりました。
御店の出先にも列が出来ていますが、みんな、並んで待っていました。
やっとオーダーが出来て、レジを済ませようとしたときに、
御店の何周年目かの記憶機会をされていて
食パンを最初斤、無料で頂くことが出来て、身寄りへの土産にとって帰りました。
やっぱりベーカリー様の食パンだからかキチンとしたパンで、
フレーバーも美味しかったらしく身寄りも喜んでいました。
店内が狭かったり、入店待ちにあったりしましたが、
身寄りに喜んで貰えたので良かったなと思いました。

贈り物用としてテラリウムを作りました。

近頃、講座に参加したときに、たくさんの苔を頂いたので、
その苔を済ませるために、ウィーク明けからテラリウム製造をしています。
今日は、ワークショップで御手伝いになっている識者の医者に
お礼とクリスマスギフトを兼ねてテラリウムを作りました。
中に押し込めるミニチュアをどうしようか悩んだ数値、猫にしました。
図版で御手伝いになっている識者において、
日々、ソーシャルネットワーキングサービスに猫の図版が描かれていらっしゃる図版をtweetされているので、
猫が好きなのかなと見なし、猫を含めることにしました。
貰ってきた苔が元気で彩りが濃い緑色をしているので、
作ったテラリウムも最新感じの力作になりました。
また週末にワークショップに御拒否させて頂こうと思っているので、
その時に渡そうとしてある。喜んで貰えると嬉しいです。
今回、ジャムの残り瓶で作成したし、苔も貰い物だし、
中に石を入れたのですが、その石も河原で拾ってきたもので、
購入したのは猫のミニチュアくらいだ。処理額、108円だ。
こういうがたいだと、購入すると安くても3000円はすると思います。
俺は精鋭ではないので軍資金を取りませんが。
自分が出来る範囲を広げることは減少にも達するなと、近頃、思っています。

新しい町の猛威界隈へ行きました

友だちから教えて貰った東京の器量幅へ、初めて行ってきました。行ったことがない表通り、千駄ヶ谷は、思っていた以上に都会にありながらも、緑がいっぱいいる表通りで、駅舎を降りた一瞬から、何かを感じました。ゴールの鳩森神社へ直行すると、中には幼稚園があるようで、成人で賑わっていましたが、神社の直感はとっても驚き起こる存在でした。ここに来たら行かなくてはと言われ、登った暁には富士山と同じ御利益があると言われているところへ登りました。なんだか、根こそぎを置き忘れることができるような心になりました。千駄ヶ谷は、とっても美味しそうな食堂がたくさんあり、ランチタイムをする先も迷ってしまいました。一度ではとても巡ることができず、何度も何度も足を運びたい表通りだと思いました。絶対に次回は、身寄りを連れて、皆で詣でをした後に、また美味しいものを食べたいと思います。何度も何度も行きたいと思わせていただける鳩森神社にサンキュー。

新しい街の猛威部位へ行きました

間近から教えて貰った東京の思いの丈パートへ、初めて行ってきました。行ったことがない街、千駄ヶ谷は、思っていた以上に大都市にありながらも、緑がいっぱい起こる街で、ターミナルを降りた季節から、何かを感じました。現場の鳩森神社へ直行すると、中には幼稚園があるようで、アダルトで賑わっていましたが、神社の趣向はとっても怪奇いらっしゃるタイプでした。ここに来たら行かなくてはと言われ、登った暁には富士山と同じ御利益があると言われているところへ登りました。なんだか、皆を置き忘れることができるような心になりました。千駄ヶ谷は、とっても美味しそうな食堂がたくさんあり、ディナーをする周辺も迷ってしまいました。一度ではとても巡ることができず、何度も何度も足を運びたい街だと思いました。絶対に次回は、世帯を連れて、皆で詣でをした後に、また美味しいものを食べたいと思います。何度も何度も行きたいと思わせていただける鳩森神社にサンキュー。

食べ飽きて仕舞う年明けのお抱えの様々な使い方

おめでたい新年に採り入れるお抱えが、なかなか減らない経験があると思います。 お汁粉や焼きのりでは食べ飽きて仕舞うお抱えのちょっと変わった製法をいくつかご紹介します。
「抱えピザ」
お抱えを産地に見立てて、とけるチーズやピザ根源を塗りトースターで焼く、ピザ味わいの比較的おなじみの食べ方だ。
「抱えチーズ」
お抱えをゼロ口容量に細かく刻み、チーズや明太子と合わせ、和え物やお好み焼きとしていただきます。
「抱えマリネ」
お抱えとシーフードサラダは意外と合い、イタリアンやサウザン系のドレッシングがお勧めです。 レタスやトマト等の生野菜とも適切がとても良く、ヘルシーな仕上がりになります。
「抱え田楽」
予めこんにゃくや大根と共に茹でて柔らかくしたお抱えに田楽みそをたっぷりとかけて召し上がるみそ田楽もどきだ。
「なんちゃってあんみつ」
餡や黒蜜と絡み易く白玉よりも香ばしい小さく切ったお抱えをあんみつ風にして召し上がるケーキだ。
 お米の味わいも小麦粉の風合いも兼ねた優しい味わいが魅力のお抱えは、煮込んだり炒めたり、様々な食材とも上手く整います。 善悪、様々な製法を試行錯誤して下さい。

小児の食時が1時から30食い分に略語しました

2年代の次女は普段着、1食1時ぐらいかけて食事を食べます。遊んでいるわけではなく、一所懸命、フォークやスプーン、箸によって黙々と食べている。三角食べをするように促していますが、すまし汁を先に飲んでしまったり、食事だけ先に食べてしまったりすることがあり、途中でペースダウンしてしまうことがよくあります。しかし、今日は変わりました。次女と共に買ってきた野菜をたっぷり入れて、依頼のあったシチューを作った店頭、いつもより体積を多くしたのに30パイで完食することができました。ゴロっと野菜でフォークで刺しやすかった素行、じっくり煮込んで柔らかくなっていたこともあるのでしょうが、やはり、お気に入りは格別のようです。「これは私が買ったサツマイモだよ!」など、お話も弾みました。一年中1時引っ掛ける3食で、長時間が取られていましたが、30パイに縮減したことで一緒に遊ぶ時が目立ち、次女も満足しているみたいでした。これからも食べたいとしてくれるようなご飯構成を通していきたいと思います。

処分するのに考え込むタイミング、どうする?私。

親元の家庭のいらないものを少しずつ処分してある。
前年から、ずっとです。
押入れから、出るわあるわ、得体の知れないものが。
兄達が昔遊んだ、めんこ(パッチっていうのかな?)
ボーイスカウトのアパレル、その時使ったのかもしれない、飯盒まで残る。
ビー玉、よく取っておいたものだ。これは処置決める。
ガイドブックまで生じる、今更これで稽古もないだろうから、捨てよう。
ええ?これは!私が書いたイラストレーションがあった。
これはとっておいて、飾っておこう、おや懐かしい。
外側に、泥にまみれて私が作ったと思われる、陶芸作品があった。
綺麗に洗って、製品書き入れに決める(自分のは、丁寧に立ち向かう)
三ヒューマン姉妹だったので、昔の色んなものが、三ダブルあるのだ。
兄たちのは、さっさと捨ててゆく、しかし自前は、捨てられない。
何なんだろうね、こだわりがあるのか?
あっ!こ、、これは、
小学生1年のときの、国語の試行が、私の呼び名です。
これは、、捨てよう。
百点だったら、記念にしようとも思ったが、
な、定義ないでしょ。
都合の悪いものは、闇に葬り去るのだ。
もう試行が出てきませんように。